トップページ

社会保険労務士の資格について

社労士の魅力は?

社労士開業ガイド

開業の心得

収入アップのポイント

試験に合格しよう

通信講座で勉強しよう

通信講座選びのポイント

オススメの通信講座

通信講座・フォーサイトの実力を知ろう

おすすめサイト集

社会保険労務士の通信

社会保険労務士の通信講座

社会保険労務士の通信教育を比較

通信教育で資格取得

国民の安定した生活を守るスペシャリスト

社会保険労務士とは、どのような仕事をしているのでしょうか?
簡単に言うと、社会保障制度に関する法律の専門家です。
社労士が扱うのは、「労働基準法」や「健康保険法」、「雇用保険法」などの法律。国民が健康で安定した生活を送るために国によって作られた社会保障制度のひとつで、それらの制度がスムーズに施行されるように働くのが、社会保険労務士というわけです。

それでは、実際にはどのような仕事をしているのか、少し書き出してみましょう。

  1. 社会保険や労働保険の加入手続きなどの書類作成、申請代行
  2. 企業の就業規則作成や給与計算などの帳簿・書類の作成
  3. 人事労務管理に関するコンサルタント

①や②のように、労働社会保険に関する法令に基づいて、行政機関に提出する書類の作成や申請などを行うことを1号・2号業務といい、これらは社労士の有資格者しか行えない独占業務となっています。
具体的にどのような仕事があるかというと、厚生年金や労働保険などの加入手続き、手当金や給付金の請求手続き、保険・年金の給付額算定など。
事細かな計算や事務処理能力が問われる仕事となっています。
これらの手続き業務は、社内の総務や経理担当者が行っている会社が多いと思いますが、専門知識や煩雑な作業が必要ですので、社外にアウトソーシングしている企業もあります。
そのような場合は、開業している社労士と企業との間で顧問契約が結ばれ、すべての保険手続きや人事労務管理に関する仕事が一任される代わりに、月々の顧問料が支払われるというシステムになっているところが多いようです。
この顧問契約による月々の報酬が、開業社労士の収入の柱となることは、言うまでもありませんね。

次のページへ