トップページ

社会保険労務士の資格について

社労士の魅力は?

社労士開業ガイド

開業の心得

収入アップのポイント

試験に合格しよう

通信講座で勉強しよう

通信講座選びのポイント

オススメの通信講座

通信講座・フォーサイトの実力を知ろう

おすすめサイト集

社会保険労務士の通信

社会保険労務士の通信講座

社会保険労務士の通信教育を比較

通信教育で資格取得

良い講座選びの4か条を見極めよう

前のページで、早く確実に社労士試験をクリアするために、通信講座を受講することをおすすめしましたが、実は通信講座にもひとつ問題点があります。
それは、講座によって質の差が激しく、確実に合格できるものとそうではないものがあるということ。
せっかく高い受講料を払ったのに、試験に合格するのはおろか、試験勉強にすら途中で挫折する結果になってしまったら、悲惨で目も当てられません…
そこで、質の高い通信講座を選ぶためのチェックポイントを考えてみました。
これを参考にして、自分に合った講座を上手に選択してください。

ポイント1・通信講座専門校であること

通信講座だけの学校であるかどうかが、意外と重要なポイントです。
通学クラスがメインの予備校が通信講座も開講していることが多いのですが、その場合、サポートなどの面で通学生を優先されてしまうケースが多いように思います。イライラせずに受講するためには、通信講座専門校を選ぶことをオススメします。

ポイント2・テキストや講義DVDの質にこだわっていること

当たり前のことのように思えますが、たくさんの講座に資料請求をしてみると、意外とテキストの質が悪い講座が多いことに気が付くはずです。
見やすく理解しやすいテキストや、分かりやすい講義DVDを作る工夫が見られるかどうかをしっかりと見極めてください。

ポイント3・サポートがしっかりしていること

勉強のモチベーションを最後まで支えてくれるのは、通信講座のサポートシステムです。テストの添削をしてくれたり、分からないことを質問できたりするのは定番ですが、最近ではインターネットや携帯サイトを使ってゲーム感覚でチェックテストができたり、学習スケジュールを管理できる講座などもあります。これらのサポートシステムが充実しているかどうかで、挫折せずに最後まで勉強が続けられるかどうかが決まってくるのです。

ポイント4・講座の内容に対して、受講料が妥当であること

激安の受講料を謳っている講座は内容がそれなりでしょうし、高額の受講料が設定されている講座でも、確実に合格できるとは限りません。
大切なのは、カリキュラムの内容に対して、受講料が適正かどうかを見極めることです。私の個人的な意見ですが、社会保険労務士講座の場合、基本のテキストに講義DVD、模擬試験などが付いて10万円前後というのが妥当なのではないかと思います。

次のページへ